2018年10月

リーディングトラッカーを使ってみませんか?

 @ 

リーディングトラッカーとは、読書サポートツールです。

本来は、発達障害、学習障害の方向けに作られたものですが、意外に使えます。おススメです。

この文章、なんか頭に入ってこないなぁ という時にこれを使うと、1行ずつに集中できて、理解できるかもしれません。

9月に館内でどの色が見やすいか投票していただいた結果、「クリア」がダントツでした。

館内利用限定ですが、貸し出していますので、お試しください。

※1階自動貸出機の横に置いてます。学籍番号等を記入してご利用ください。

(訂正)学生・医学図書館協働企画講演会「医学的人間学とは何か。ヴィクトーア・フォン・ヴァイツゼカーの生涯と思想を概観する」

 @ 

(ご案内した申込先メールアドレスに誤りがありました。お詫びして訂正いたします。) 
 このたび、学生と医学図書館協働企画による標記の講演会を開催します。
 当日は暁祭も開催。人間として、医療者としての「仕事」について考え、患者さんと向き合う態度や
 自らの思いを見つめ、またその思いを強める 機会にしてはいかがでしょうか。皆様奮ってご参加ください。
 
●日時 平成30年10月27日(土)-28日(日)二日間とも13:00-16:30
    講義スケジュール(予定)
    (27日 1コマ目)  その生涯  (27日 2コマ目)  医学的人間学の構想
    (28日 1コマ目)  ゲシュタルトクライスの理念 (28日 2コマ目)  人間学的医療の実践
 
●場所 松岡キャンパス講義棟・第二中講義室
 
●講師 兵庫県立大学 看護学部 哲学系
    教授 丸橋 裕 先生
 

総合図書館企画「医学図書館へ行ってみよう!~ついでに写真撮影も!」を開催しました。

 @ 

10・22(月) 医学図書館に続いて、総合図書館でも、初めての企画となる「医学図書館へ行ってみよう!~ついでに写真撮影も!」を開催しました。

 

今回は、図書館広報誌「図書館フォーラム」への掲載写真の撮影も兼ねて、写真部から4名の学生さんが参加してくださいました。

医学図書館に行くのは初めて!というみなさんとキャンパス便にて、いざ松岡キャンパスへ!

医学図書館館内では、まず閲覧室や学習コーナーを見学。総合図書館とは異なる雰囲気に興味津々の参加者のみなさん。そして、赤いソファが映える休憩コーナーや数々の医学書が並ぶ閲覧室をいろんな角度から撮影していました。グループラボには、すでにたくさんの方々が学習に利用されていましたが、広報紙の撮影ということで、ラボの利用風景の撮影にも快くご協力いただきました。秋晴れの撮影日和となり、医学図書館の外観なども撮影することができ、学生さんとともに制作する図書館広報紙の新たな試みとなりました。

医学図書館古本市のお知らせ

 @ 

医学図書館では、重複等の理由により図書館で不用となった
医学系専門書・学術書約1500冊を1冊100円にて販売します。
どなたでもお買い求めいただけます。

・開催期間 平成30年10月25日(木)~31日(水)
      いずれの日も11:00~16:00
・開催場所 医学図書館1階
      (職員がご案内しますのでお声がけください。)

・その他 「私費のみ、現金払いのみ、領収書発行無し」です。
      お釣りの要らないようご協力お願いします。
      マイバッグ等ご持参ください。

古本市リスト.pdf

化合物・反応データベースReaxysトライアル&講習会のご案内

 @ 

  
 化合物・反応データベースReaxysのトライアルを10/22-11/20まで実施
 します。あわせて講習会を下記のとおり開催します。

 Reaxysとは、現在はジャーナル16,000誌と特許からデータを収録しており
 1700年代からの情報を化合物や反応ごとに整理収録し
 フルテキストを確認しなくても多くの情報を画面上で閲覧することができます。

 ●日 時  平成30年10月29日(月)14:00-15:30
 ●場 所  工学部研究棟1号館 1110S (1階)
 ●定 員  40名
 
  *Reaxysへのアクセス
  www.reaxys.com

きてみてフェアで和装本を作っていただきました

 @ 

 地域の方々に向けての大学公開イベント「きてみてフェア」において、総合図書館は今年も「和装本作り」を行いました。おかげさまで、各回満員となり大盛況でした。ありがとうございました。

閲覧机に可動式の仕切りを置きました。

 @ 

閲覧室やラウンジの机に写真のような半透明の仕切りを置きました。

大きな机であっても、既に誰か座っていると、座りづらくないですか?
お試しに、お昼休みに混雑するラウンジのテーブルに置いてみたところ、いつもより大勢の方にテーブルを使っていただけました。
閲覧室にもいくつか置きましたが、可動式なので適宜移動させてご活用ください。

 

 

リーディングトラッカーを使ってみませんか?

 @ 

リーディングトラッカーとは、読書サポートツールです。

読みの習得が困難である「ディスレクシア」方向けに作られたものですが、意外に使えます。おススメです。

この文章、なんか頭に入ってこないなぁ という時にこれを使うと、1行ずつに集中できて、理解できるかもしれません。

9月に館内でどの色が見やすいか投票していただいた結果、「クリア」がダントツでした。

10月より全8色、貸し出ししていますので、興味のある方はご利用ください。

※1階自動貸出機の横においてあります。学籍番号等を記入してご利用ください。

グループ学習室の貸出方法が変わりました

 @ 

これまでグループ学習室のカードを借りて、入退室時にはカードをスライドさせていましたが、このカードの貸し出しをやめて、代わりに写真のような「使用中」の札をお渡しすることにしました。
使用時は、この札を部屋の入口に貼っていただき、使用後はカウンターへ戻してください。

複数の方が出入りする度にカードをスライドさせる煩わしさがなくなり、スムーズに出入りできるかと思います。